studio482+の店主は料理を生業として、1999年から仕事をしています。

様々な国の料理を、実際にその国で食し、時にはその国の家庭の台所や、大胆にも厨房で!教えてもらったり。

持ち帰ったその国の香りや味を創作しながら、野菜料理レシピを作成し、著書としてまとめています。


言うなれば、フュージョン料理。

でも、私が大切にしているのは基本です。

基本の味をベースに、東西南北の味を加えていきます。

スパイスと日本の調味料を融合させたり、イタリア料理と中華料理を合わせたり。


料理って、精神的であり、創作的であり、人生そのものだ!

大げさではなく、心から思う日々です。

***

「野菜たっぷり すり鉢料理」は2016年10月発売の一番新しい著書です。

たくさん頭をひねり、眉間にしわを寄せたけれど、一緒に仕事をした出版社(アノニマスタジオ)、編集社(毬藻舎の友成響子さん)、カメラマン(野口さとこさん)、デザイナー(いわながさとこさん)、みんなが最高の仕事をしてくださったおかげで、とても素晴らしい本になりました。

イラストは素描家・しゅんしゅんさんが描いてくださり、本が一段と素敵になりました。

ありがたくも「アノニマスタジオ」で出版できたのが嬉しかった...。

すり鉢料理が54品。サラダ、おかず、ごはんもの、麺料理、デザートまで、すべて網羅しています、ふふ。

パスタもすり鉢で作れます。

マヨネーズもすり鉢で作れます。

焼き菓子もすり鉢ひとつあれば簡単。

こんなものがすり鉢で?!とよく言われます...。

びっくりしていただくのが私の仕事です、笑。

野菜たっぷり すり鉢料理

アノニマスタジオ 

¥1,600(税抜)


すり鉢の6つの仕事を動画にまとめました。

する

おろす

つぶす

叩く

和える

うつわ


↓をクリックすると画像がご覧いただけます。


(YouTube管理責任者・毬藻舎 Kyoko Tomonari)


ごまをする(半ずり、7分すり、全ずり)

大葉をする。

じゃがいもを潰す。

ナッツを叩く。

にんにくをする。

和える。(人参ナムルを作る。)

器として使う。(そばサラダ)

***


旭屋出版では、卵を使わない焼き菓子の本、そして野菜料理の本を2冊、出版致しました。

旭屋出版の専門は「食」です。そして編集社はたまご社。

最初は撮影などに不慣れで、緊張の連続でした...。

2社とも自由にやらせてくださいまして、失敗もやらかしましたが、楽しくお仕事をさせていただきました。


これら3冊のレシピの多くは料理教室でご紹介したものが多く、

ーいかにスーパーで買える食材を使うかー

ーどうしたら野菜料理だけで満足してもらえるかー

を考えながら作成したレシピばかりです。

(あ、でもこれはずっと自分のテーマですけれど。)



***


本は今まで5冊出版させていただきました(自費出版含む)。

でも、肩書きである「創作野菜料理家」は捨てました、はは。


もっと自由でありたいし、

料理を研究する。それだけに固執せずに仕事をしたいと思っているから。

本はこれからも書き続けたいと思います。

そしてもちろん、料理の研究はずっと続けます。

実は次の本の構想はもうあるのだー。




著書関連記事