山只華陶苑・加藤智也さんのすり鉢


寛政六年(1794年)から続く「山只華陶苑」7代目、加藤智也さんは国際的な陶芸コンテスト、ファエンツァ国際陶芸展グランプリ受賞など、数々の展覧会で 受賞され、2012年には「JUJUシリーズ波紋櫛目すり鉢」で グッドデザイン賞を受賞されている気鋭アーティストです。


岐阜県高田地区で採れるガラス質を含む青土や長石にこだわりを持つ山只華陶苑。それは、他の土よりもザラつきがあり、そのザラつきがすり鉢の摩擦力をさらに強いものにし、擦り心地の良さを作り出すからです。



すり鉢を製作する工程では「中塗り」という、すり鉢の内側にガラス質を多く含む長石とベンガラを入れた釉薬を塗る作業があります。それによってすり目が硬くなり、丈夫になるのです。



もう一つの大きな特徴は、加藤さんが9年かけて考案した「波紋櫛目」というすり目。この櫛目でよりスピーディーに擂れ、香りを最大限に引き出します。また、右利き、左利き、聞き手関係なく擂ることができます。


すり鉢で食材を擂った時の安心感。そして香りが立つことで最大限に「おいしい」を演出してくれる秀作です。


「山只華陶苑」のすり鉢の多くは型に入れて製作されますが、studio482+で扱う加藤智也さんのすり鉢はすべてろくろで製作しています。



山只華陶苑の7代目、加藤智也さんは大きくて、実直で、心の温かい人という印象で、とてもかっこいい人です。

加藤さんは何に対してもごまかさず、一心不乱に仕事をしています。そういうところが、彼の作品にも表れています。

家業を引き継ぎながら、芸術家としての才能も発揮。長三賞展大賞、陶芸財団点、朝日陶芸展、陶芸ビエンナーレなど、国内外の展覧会で受賞しています。





「すり鉢Chai」はstudio482+とのコラボ作品。大きすぎず、小さすぎず、

いろいろな仕事をこなしてくれるサイズです。



こちらはグッドデザイン賞を獲得した「JUJU mortier 8寸

凛としていて、実にかっちょいい!

JUJUシリーズは4、6、8寸(直径12〜24cm)各サイズをお取り扱いしています。

(6寸は受注販売になります。)



グッドデザイン賞を獲得した「JUJU mortierシリーズ」の4寸+すりこぎセット

置き場所に困らず、さっと食材をすったり叩いたり。人気商品です!



サラダやパスタなど、洋の料理にも使いやすいデザインの「粉引rim8寸」


そのほか、studio482+では加藤さんのすり鉢5種類を扱っています。



***



「する」「つぶす」「叩く」「すり下ろす」「ボウル」「うつわ」6つの仕事をするすり鉢


〈する〉

「櫛目波紋すり目」でより香り豊かになります。胡麻はもちろんハーブ、スパイスなど、香りをより出したい時にこのすり鉢は活躍します。


〈つぶす〉

生姜やにんにくなど、薬味野菜を潰してタレ作りに。

豆腐を潰したり、豆を潰したり...。


〈叩く〉

ナッツはもちろん、

ホールスパイスを潰してインドのチャイも作れます。


〈すり下ろす〉

このすり鉢はすり目が丈夫で固いため、生姜やにんにくを下ろすことができます。

ナムルを作るのもこれひとつで簡単!しかもそのまま食卓へ。


〈ボウル〉

クッキー(ナッツ入り)がこれひとつで。

ドレッシングも作れます。食材を和えて食卓へ


〈うつわとして〉

デザイン性のあるすり鉢なので、そのままうつわとして食卓に出すことができます。

胡麻和え、白和え、ナムルなど、和え物もこれひとつで!




加藤さんのすり鉢は生姜やにんにくをすり下ろすこともできます。

だからナムルやソース作りも簡単。


こちらは「KATAKUCHIさん」6寸。

すり鉢でマヨネーズも作れます!

もちろん、ほかのドレッシングだって作れちゃう。

食材を入れ、和えて、そのまま食卓へ。




加藤智也さんのすり鉢はstudio482+でご購入いただけます。











2016年10月、店主が加藤さんのすり鉢を使った本を出版致しました。

サラダ、おかず、麺料理、ごはんもの、デザートまで54品、ぜーんぶすり鉢料理です。

上記画像のマヨネーズのレシピも載っています!


「すり鉢は料理を簡単にしてくれる」

を、レシピで表現しました。↓




そして、

本のスタッフと一緒に「すり鉢の仕事」の動画を作成しました!

加藤さんのすり鉢の働きぶり、ご覧ください。




ごまをする




にんにくをおろす




じゃがいもをつぶす




大葉をする




ナッツをたたく




人参をあえる




うつわとして

そばサラダを作る



オンラインショップはこちら