伊賀焼の窯元・土楽



伊賀焼の窯元「土楽」をご紹介致します。


土楽は三重県伊賀にある窯元です。

福森雅武さんは、かの白洲正子さんと交流があることで知られています。

白洲さんの随筆には土楽がよく登場しますね。白洲さんがいかに土楽の陶器に惚れ込んだかが、よく分かります。




土楽の窯。

毎度、塩と日本酒をお供えし、手を合わせてから窯焼きします。



ありがたくも土楽とご縁があって、土鍋や羽釜を仕入れさせてもらっています。

studio482+で販売してる深緑が美しい土鍋「ORIBEさん」は、土楽とのコラボ作品です。


私が福森さんに初めてお目にかかったのは3年ほど前。京都の個展で友人を通じてご紹介いただきました。7代目福森雅武さんと4女の福森道歩さんの二人展でした。

ちょうど「野菜料理の365日」の撮影で使う土鍋を探していた時のことで、道歩さんが土鍋を譲ってくださり、名前まで付けてくださいました。

「花子さん」

撮影まで1ヶ月ほどあったので、花子さんをいつもコンロの上に置いて、とにかく毎日のように使いました。

どんな料理にも使いました。炒める、焼く、蒸す、炊く...オーブンにも使えるので和洋折衷、いろいろ料理で使えるのでびっくり!すっかり惚れ込んでしまいました。



この黒鍋が花子さん。花子さんは今も我が家で一年中、大活躍しています。



そもそも伊賀の土ってどんなでしょう?

福森さん曰く、三重県伊賀は太古の昔、琵琶湖があったそうです。その琵琶湖の堆積物、有機物などの養分が、今現在の伊賀の土に含まれていて、その土でこの土鍋は作られています。その養分が料理をおいしくしてくれるんです、と。


土物には遠赤効果があります。すべてのモノには電磁波があります。その電磁波の波長の作用で起こる現象です。土物の電磁波には遠赤効果があるということです。それが料理をおいしくしてくれるのです。自然の不思議ですね。

そんな遠赤効果のある不純物なしの土楽の土鍋です。


余談ですが、我が家では土楽の「土瓶」でいつも湯を沸かしているのですが、このお湯がまろやかになって、コーヒーを入れるととてもおいしいのです。角が取れるというか、渋みもなくなります。遠赤効果なのですね...。



福森道歩さん



さて、土楽が製作している中でも、その中心にあるのが土鍋。

土鍋の底力について、少し説明いたします。


伊賀焼・土楽の土楽の素晴らしいところは何と言っても、その耐火性、耐熱性。

炒める、焼くなど、普通の土鍋では難しい調理にも利用できるので、料理の枠を超えて幅広く使え、一年を通して様々な料理が作れます。

先ほどもお伝えしましたが、土鍋は火を入れると遠赤外線を出す特性がありますから、土鍋自体が蓄熱するため、食材全体をじっくり芯まで火を通すのです。


多くの食材は40度〜60度で酵素の働きが出ると言われています。土鍋は火を入れるとゆっくり温められていき、火を止めても冷めにくいので、酵素の働く時間が長く、食材の旨味を十分に引き出します。スープなどは水だけでおいしく作れます。


また保温力がありますから、火を止めてもしばらく土鍋が調理してくれます。朝、材料と調味料を土鍋で火を入れておくと夕食頃味が染みて美味しくなる。そんな使い方もできます。


土鍋は温めるのには時間がかかりますが、一度温めたら冷めくいのが特徴です。ですから短気の人は向かないかもしれません...。


さて、studio482+で販売しているのは「ORIBEさん」。

土楽に特注で製作していただいています。美しい深緑は、どんなお料理にも映える色。





煮炊きはもちろん、炒める、蒸す、焼く、オーブン料理と、揚げる以外はすべて土鍋でまかなえます。


詳しい土鍋の働きは「土鍋の仕事」をご覧ください。


土楽の土物は、春夏秋冬、一に年中活躍します。





土楽の使い方は下記をクリック!


土楽の羽釜についてはこちら。



土楽の土瓶についてはこちら



土楽の焙烙についてはこちら。






土楽の土物はstudio482+でご購入できます。