焙烙でほうじ茶を作ってみよう

studio482+に新しい道具が仲間入りしました。

「ごま煎り」。

焙烙(ほうろく、またはほうらく)とも呼びます。



伊賀焼・老舗の窯元の土楽の作品です。

「火だすき」の模様は、藁をのせて窯に入れ焼き上げたもの。

火だすきは備前焼でよく使われる技法です。

藁のところだけ赤茶に染まります。色も表情もそれぞれまったく違うのが特徴です。自然と偶然が生み出すデザインが美しい。


これはごまを煎るための道具ですが、

大豆、玄米など穀物を煎ったり、煎茶でほうじ茶を作ったり、コーヒー豆も焙煎できます!


市販されている「いりごま」も、さっと煎りなおすだけで香りも味もグッとよくなります。

いりごまだったら15秒ぐらいかしら。


私はこの道具でほうじ茶を作るのが大好きで、

夕方、一息入れたいときに飲みます。

部屋全体がお茶屋さんのような香り。

香りが敏感な人でも、この香りは好きになるんじゃないかな。


この「ごま煎り」を使ったほうじ茶の作り方をご説明します。



ほうじ茶の作り方(2人分)

煎茶 ティースプーン3杯

お湯 300cc

ごま煎り、急須、カップ


1. ごま煎りを弱めの中火にかける(安定しないようだったら網をのせる)。

2. 2分半ほどしたら弱火にし、煎茶を入れる。

3. ごま煎りを左右に揺さぶりながら1〜2分煎る。


私は↑の感じが好きで、この辺で止めます。これで1分強ぐらいでしょうか。


4. 煎り終えたら急須に茶葉を入れる。


今日は鉄瓶を使いました。↑

鉄瓶で入れたお茶はマイルドになります〜。


5. 沸かしたお湯を入れ、蓋をして1分〜1分30秒蒸らす。出来上がり。



ちなみに「焙烙」は丸く急須のような型と、平たい皿型があります。↓

使用感がありますが....我が家のいぶし素焼きの焙烙です。



平たい皿型の焙烙は大きな食材や量がたくさんあるときに便利ですね。大きな豆をゴロゴロ煎るとか、コーヒー豆を一度に100gぐらい煎るとか。

コーヒー豆を煎るときは、それ専用にしてください。匂いがつきますので。


素焼きの道具は洗ってはいけません。ちょっとでも濡れた状態で火にかけると割れてしまいます。

中のカスを落とす程度にしておいてください。

私はごま、煎茶、大豆など、すべてひとつの「ごま煎り」で煎っています。まったく問題なしです。

どうしても洗いたい時は水で洗ってください(洗剤は染み込んでしまいますから)。そして完全に乾かしてから使ってください。


「ごま煎り器」=「焙烙」ですが、「ごま煎り器」は急須型のみの呼び名。

土楽の商品名は「ごま煎り」で....

ちょっとややこしくなってきました。

「ほうろく」は「ほうらく」がなまってそうなったとか。

地方で呼び名が違って、三重県伊賀では「焙烙」は皿型、「ごま煎り器」は急須型を指します。

焙烙もごま煎り器も、煎るための道具だということは間違いありませんが、やや分かりにくいところがあります。しかも焙烙(ごま煎り器)は土器の一種らしいです。古代の匂いがプンプンしてきます。

釉薬がなかった時代は素焼きの土器を使っていたのだから、焙烙は大昔から絶えない優秀な道具と言えますね。



土楽の「ごま煎り」の商品ページ

土楽・ごま煎り | studio482+ on the BASE

土楽の「ごま煎り」(焙烙)です。この道具は「焙烙」とも呼ばれ、ごまのほか、茶葉、塩、大豆、胡麻、玄米などの食材を煎る道具として昔から重宝されてきました。この土楽の窯で焼かれた「ごま煎り」はひとつひとつ、ろくろ引きにより成形しています。美しい模様「火だすき」は陶器にたすきを回したような茜色の線状が現れるもので、窯で焼くときに作品が触れ合うのを防ぐために藁を巻いた部分が赤く発色する現象のことです。このごま煎りは藁を上に乗せて焼き上げます。そのときの窯の状態や藁のかかり具合で、ひとつひとつ全く違った文様になります。濃い色、薄い色。どれも美しく個性的。ひとつとして同じものはありません。(画像2と3)遠赤効果があり、熱を保ちやすく、短時間でムラなく煎ることができるのが特徴です。握り手が一般のものより長く、持ちやすくなっています。*握り手を持つときは火傷をしないように十分気をつけてご使用ください。胡麻のほか、大豆、玄米、コーヒー豆など、いろいろな食材にお使いいただけます。煎茶で自家製ほうじ茶を作ることも!煎りたての香りと風味をお楽しみください。《ご使用方法》〔洗い胡麻を煎る〕「ごま煎り」を弱めの中火で2〜3分温めます。(コンロの上で安定しないときは、下に網をのせてください。)「ごま煎り」が十分熱くなったら火を弱め、上の口からスプーンなどを使って洗い胡麻を入れます(目安はティースプーン3杯。)握り手を持ち、遠火で左右に動かしながら煎ってください。しばらくするとパチパチと音がし、ごまのいい香りがしてきます。ごまを握り手元から出してください。(画像4)*伊賀の土は熱の持続時間が長く、余熱で煎ることもできます。「ごま煎り」を温め(弱めの中火)、火を止めてからごまを入れ、余熱で煎ります。煎りごまなど、短時間煎る食材に便利です。煎りごまの煎り時間は15〜20秒。洗いごまもこの方法がお使いになれます。途中で冷めてきたら弱火で火をつけ、煎りあげてください。〔ほうじ茶を作る〕「ごま煎り」を2〜3分温め(弱めの中火)、火を止めます。ティースプーン1杯半(1人分)入れます。遠火で揺すりながら煎ります。まもなく煙が出てきます。40〜50秒ほど煎り、茶葉をポットに移します。お湯を150ccほど注ぎ、1分蒸らします。*煎り時間はお好みで。〔大豆を煎る〕「ごま煎り」を2〜3分温めます(弱めの中火)。火を弱火

土楽・ごま煎り | studio482+ on the BASE