土瓶が初入荷!



我が家で大活躍の土瓶がstudio482+に初入荷いたしました。

伊賀焼・土楽窯の製作。丁寧にろくろで製作された土瓶です。

製作に手間と時間がかかるため、数年に1度しか焼かないそうです。今回は福森道歩さんに悲願して、笑、製作していただきましたっ!


この土瓶の最大の魅力は「やかん」と「急須」両方の仕事をしてくれること。

最近は「土瓶」という名で売られてても直火不可も多く、やかんとして使える土瓶が少ないのが現状です。

製作に手間がかかるということを考えると、いたしかたないか...。


土瓶で沸かした湯はまろやかになります。

コーヒーやお茶がおいしくなる。

尖った味のかどが取れる。

それは遠赤外線効果の働きなのですが、実際に陶器(混ざり物なし)で煮炊きするとおいしくなるのは、結局「自然の働き」としか言いようがないのです。土の不思議です。


ちなみにやかんは「薬缶」と書きます。

薬缶は鎌倉時代から薬(漢方薬)を煮出すのに利用されていました。金属製のやかんは薬草や漢方の成分と化学反応を起こすため、やかん(薬缶)は土瓶が最適だとされてきました。 様々な用途の茶葉を煮出すために、土瓶は昔から重宝されている台所道具なのです。


漢方薬を煎じている人にも土瓶は重宝するのではないかしら。

私はもっぱら「三年番茶」を煮出しています。

リーフそのまま入れると、あとのお手入れが大変だから「お茶パック」(100円ショップで売っています)に入れてね。

煎茶や中国茶は湯を急須に入れ替えてますが、お茶パックに茶葉を入れば急須にもなります。


ちなみに800mlほど入るので、4人分のお茶が作れます。



こちらは「青土釉」の土瓶。サイズや形は同じですが、美しい深緑です。


注ぎ口は職人の手で細やかに作られているので、ビシッときれいな断面ではなくて、いい具合です。



《土瓶の用途》

1. 湯を沸かす。 土瓶で沸かした湯はまろやかになるので、お茶やコーヒー、味噌汁など料理に使うのも良いですね。冬はストーブの上で1日、沸かしたお湯が使えます。

2. 三年番茶など、煮出し茶を煮出す。

3. 土瓶蒸し。

4. 生姜やハーブを入れて、お好みのお茶を作る。

* 茶葉を直接、土瓶に入れずにお茶パックに入れると便利です。

* お茶やハーブ等の匂いが付いたら重曹水を入れて温め、10分ほど置いてから洗います。漢方薬などは重曹水でも匂いが取れない恐れがあるため、専用でお使いください。


と、まぁ、毎日働いてくれる土瓶さんです。


数に限りがあります。数年先まで土楽では製作しない...かも。

いやいや、脅かすわけではありません。なくなったらしばらく入荷しませんからね。

または、福森さんにごねるか、笑。


studio482+でご購入いただけます。


土楽・土瓶(アメ釉) | studio482+ on the BASE

伊賀焼・窯元「土楽」の土瓶(アメ釉)です。ひとつひとつ、ろくろで丁寧に作られています。土瓶は「やかん」と「急須」の両方の仕事を担います。直火にかけられるので、湯を沸かし、火を止めて茶葉を入れて急須として、また、煮出し茶葉を入れて、そのまま煮出すこともできます。土瓶は遠赤外線効果を持っています。土瓶で沸かしたお湯はまろやかで、お茶やコーヒーを入れると、尖った味のかどが取れて、おいしくなります。やかんは「薬缶」と書きます。薬缶は鎌倉時代から薬(漢方薬)を煮出すのに利用されていました。金属製のやかんは薬草や漢方の成分と化学反応を起こすため、やかん(薬缶)は土瓶が最適だとされてきました。様々な用途の茶葉を煮出すために、土瓶は昔から重宝されている台所道具なのです。《用途》1. 湯を沸かす。土瓶で沸かした湯はまろやかになりますので、お茶やコーヒー、味噌汁などに使うのも良いですね。冬はストーブの上で1日、沸かしたお湯が使えます。2. 三年番茶など、煮出し茶葉を煮出す。3. 土瓶蒸し。4. 生姜やハーブを入れて、お好みのお茶を作る。* 茶葉を直接、土瓶に入れずにお茶パックに入れると便利です。* お茶やハーブ等の匂いが付いたら重曹水を入れて温め、10分ほど置いてから洗います。漢方薬などは重曹水でも匂いが取れない恐れがあるため、専用でお使いください。《注意》1. ガスンロにかけるときは釉薬がかからない程度の火加減(弱火〜弱めの中火)で沸騰にしてください。火が強すぎると、土瓶が割れたり、取っ手が焼けてしまう恐があります。2. 土瓶の使い始めは「おかゆ炊き」をしてください(土瓶の説明書を参照)。サイズ:幅160mm x 220mm(取手まで)容量:約800ml材質:陶器《重要》お届けするときは取っ手と本体が別々になっています。一方の取っ手の先を本体の輪っかに入れてから、もう一方を取り付けます。取っ手を本体に付けるときは十分気をつけて取り付けてください。取っ手が折れても保証できません。(取っ手は有料でご購入いただけます。)

土楽・土瓶(アメ釉) | studio482+ on the BASE

土楽・土瓶(青土釉) | studio482+ on the BASE

伊賀焼・窯元「土楽」の土瓶(青土釉)です。ひとつひとつ、ろくろで丁寧に作られています。土瓶は「やかん」と「急須」の両方の仕事を担います。直火にかけられるので、湯を沸かし、火を止めて茶葉を入れて急須として、また、煮出し茶葉を入れて、そのまま煮出すこともできます。土瓶は遠赤外線効果を持っています。土瓶で沸かしたお湯はまろやかで、お茶やコーヒーを入れると、尖った味のかどが取れて、おいしくなります。やかんは「薬缶」と書きます。薬缶は鎌倉時代から薬(漢方薬)を煮出すのに利用されていました。金属製のやかんは薬草や漢方の成分と化学反応を起こすため、やかん(薬缶)は土瓶が最適だとされてきました。様々な用途の茶葉を煮出すために、土瓶は昔から重宝されている台所道具なのです。《用途》1. 湯を沸かす。土瓶で沸かした湯はまろやかになりますので、お茶やコーヒー、味噌汁などに使うのも良いですね。冬はストーブの上で1日、沸かしたお湯が使えます。2. 三年番茶など、煮出し茶葉を煮出す。3. 土瓶蒸し。4. 生姜やハーブを入れて、お好みのお茶を作る。* 茶葉を直接、土瓶に入れずにお茶パックに入れると便利です。* お茶やハーブ等の匂いが付いたら重曹水を入れて温め、10分ほど置いてから洗います。漢方薬などは重曹水でも匂いが取れない恐れがあるため、専用でお使いください。《注意》1. ガスンロにかけるときは釉薬がかからない程度の火加減(弱火〜弱めの中火)で沸騰にしてください。火が強すぎると、土瓶が割れたり、取っ手が焼けてしまう恐があります。2. 土瓶の使い始めは「おかゆ炊き」をしてください(土瓶の説明書を参照)。サイズ:幅160mm x 220mm(取手まで)容量:約800ml材質:陶器《ご購入される方へ》お届けするときは取っ手と本体が別々になっています。一方の取っ手の先を本体の輪っかに入れてから、もう一方を取り付けます。取っ手を本体に付けるときは十分気をつけて取り付けてください。取っ手が折れても保証できません。(取っ手は有料でご購入いただけます。)

土楽・土瓶(青土釉) | studio482+ on the BASE