芳醇な枝豆で土鍋蒸し!


枝豆をこよなく愛する私の、嬉しい季節がやってきました。

真夏の枝豆はまだ走り。まだまだ味が薄い。

9月、10月の芳醇な枝豆は、大豆の深い味わいがあり、実においしいのです。

そういえば「丹波黒豆枝豆」の収穫は10月半ばでしたっけ。

今年は雨が多く、太陽の光も少なかったので、直売所に出回る枝豆が少ないか...。


一般的には茹でる枝豆ですが、私は土鍋で蒸し焼きにします。

今回は「鍋で茹でる」と「土鍋で蒸す」2つの調理法の味くらべもしてみました。



枝豆の土鍋蒸し

枝豆、塩、醤油 各適量

土楽の土鍋

(他の土鍋をお使いになるときは、使用上の注意を読んで使ってください。空焚きできない土鍋は割れてしまう危険性があります。)


1.  枝豆の先を切り、洗う。

2.  塩を入れて枝豆をよく揉み、しばらく置く。

3.  土鍋の蓋をして、弱めの中火で火にかける。

4.  2分ほど経つと煙が出てくる。枝豆を入れて蓋をする。

5  そのまま10分前後、蒸し焼きする。5分ほど経ったら一度開けて、混ぜる。

6.  枝豆が柔らかくなったらさっと醤油をひと回しして出来上がり。



土鍋を使うと水分が流れ出ず、豆の栄養素と旨味がギュッと詰まります。ホクホクとおいしい。



こちらは普通に茹でたもの。普通においしいと思うのですけれど....。



左が土鍋蒸し、右が茹でた枝豆。

右のほうが色がきれいですね。ところが味を比べてみると全然違う!

土鍋蒸しの枝豆を食べたあとに、茹でた枝豆を食べると味がない、というぐらい違います。

この味くらべの結果には正直びっくりでした。こんなに差が出るとは。

茹でて普通においしかった枝豆。でももう戻れない...。

もっとおいしい食べ方を発見してウキウキです。

あと数週間の楽しみ。せっせと直売所に通わなきゃ。