ミシマガジン「みんなのおむすび」


ミシマ社の「みんなのミシマガジン」で連載中の「みんなのおむすび」も、18回目を迎えました。

 毎回違うおむすびと人に出会うことで、自分の何かが少しずつ変化していくような感覚を覚えます。

おむすび、というひとつの題材を探っていくことで、自分の芯を徐々に太くしていくような....。


第18回目は、今年からずっとお世話になっているバリューブックスの代表、中村大樹さんにお話を伺いました。

バリューブックスはアマゾンのマーケットプレイスではお馴染みの会社で、古本の買取と販売をしています。 社会貢献活動にも積極的で、中村さんはいつもスタッフ、顧客、地域、地球全体が幸せになるためには?と頭を捻らせていらっしゃいます。


所在地は長野県上田市。スタッフが400人もいる会社です。

けれど、中村さんは良い意味で社長らしくない、笑。バリバリ感もビシビシ感もなし。

そのイメージのギャップがいつも私に興味を引かせてくれます。


まぁるい手が作る、まぁるいおむすび。


ぜひご覧くださいませ。