ごはんをおいしくする「おひつ」



この道具はごはんのためにあります。

おひつは謂わば「ごはんの家」。この中で、炊きたてのごはんがさらにおいしくなります。


ごはんが炊き上がったらおひつに移して食卓へ。

「いただきます」までのほんの数分間でごはんの湿気が落ち着いて、ふんわりおいしくなっていることに、毎度驚きます。おひつが「ある」と「ない」じゃ、食卓がまるで変わってしまう。


おひつはごはんの余分な湿気をまず吸収し、

ごはんの湿気が足りなくなってくると、今度は湿気を放出します。だから冷めてもふんわり。

実に木は賢い。


昔から木のおひつは3種類あります。

江戸おひつ。→ 桶蓋を被せるタイプ(画像左)

曲げわっぱ → 木の板を曲げて作るタイプ(画像右上)

地びつ → 蓋に2本取っ手がついている平蓋タイプ(画像右下)


さて、どれを選んだらいいか。

それはもう好みで選んでください、としか言いようがありません...。


「地びつ」は使ったことがないので正直、分かりません。地びつは江戸おひつの変形版でしょうか。蓋の部分が違います。

江戸おひつと曲げわっぱを実際に日々の生活の中で使ってみて思うことは、

お弁当箱は「曲げわっぱ」、炊いたごはんは「江戸おひつ」がいいなぁ。


曲げわっぱとおひつ、それぞれの仕事があると思います。

曲げわっぱは繊細な造り。こぢんまりとした「入れ物」として良いと思います。

江戸おひつは重厚感があり(実際の重さは軽いです)、親分みたいで風格があります。

「おひつ」はごはんのために一途に仕事をする道具です。ごはんを食べ楽しむために江戸おひつは最適な道具だと思います。

ま、フランクな話、曲げわっぱも江戸おひつも、上質な道具というところでは同じです。やっぱり好みでしょうか。価格の違いも大きいと思いますが...。


で、私が選択したおひつは江戸おひつ。

製作しているのは徳島県で70年、樽を造っている岡田製樽です。




studio482+では「ステンレスタガ」と「銅タガ」2種類を販売しています。

ステンレスタガは凛としてデザイン性を重視しています。

銅タガは昔ながらの温かみがあります。

どちらも美しい。


こちらは2011年、グッドデザイン賞を取った銅タガのおひつ。

銅タガは時間が経つと、色や雰囲気が変わっていきます。それも魅力のひとつですね。





銅とステンレスの違いのひとつはデザイン性。

ふちが違います。

またタガの太さも違います。ステンレスタガはスッキリとしたデザインです。


どちらも木曽のさわらを使っています。

さわらは木の香りが弱く、ごはんの香りを消しません。

また、耐久性、殺菌作用、耐湿性にすぐれています。


さぁ、あなたならどっちを選びますか?



オンラインショップでは2合、3.5合、5合を出品していますが、

1合、8合、10合サイズも販売しています。(お問い合わせくださいませ。)




岡田製樽のおひつ(ステンレスタガ 2合) | studio482+ on the BASE

創業70年「岡田製樽」のおひつです。昔ながらの製法で樽を製造している会社です。炊き上がったごはんのおいしさを、もう一段上げてくれる「おひつ」。温かいごはんの余分な水分を吸い、ごはんが冷えたら今度は湿気をごはんに戻し、ゴワゴワにならないようにする。それがおひつの役割です。ごはんをよりおいしくするために、昔の日本人の知恵が詰まっている台所道具です。《特徴》材料である木曽さわらは天然ものを使い、塗装等は一切せず、一つ一つ職人さんが手でおひつを作っています。さわらは吸水性、速乾性、殺菌作用があり、軽いのが特徴です。まな板にもよく使われる木材です。さわらの香りはやんわりとしているので、ごはんの香りを消すことはありません。白木の美しい木目も特徴です。蓋は建具・家具製造の技法を用いて強度を強められ、また上から見ると木口が見えず、デザイン的にも優れています。《銅タガとステンレスタガの違い》岡田製樽では銅タガとステンレスタガ、2種類のおひつを製造しています。銅タガは本体と蓋の「縁」の加工はありません。ステンレスタガは薄くなめらかにしています。(画像6)銅タガの太さは8mm、ステンレスタガは5.5mm。サイズ、使われている木等は同じです。銅タガは昔ながらのデザイン。ステンレスタガはデザイン性を追求したものとなります。《サイズ》銅タガ、ステンレスタガ共通サイズです。「2合」「3.5合」の直径は同じ。高さが2cm前後違います。5合は直径、高さとも3cm前後大きくなります。(2合サイズは高さが低く、直径は少し大きいので、おむすびを入れるのに程よいサイズです。おひつが軽いので、おひつを風呂敷に包んで野外で楽しむこともできますね。)*** おひつのお手入れ ***1. ご購入時すぐに使われる予定がないときでも、まず荷を開け、全体を水洗いし、酢水(水1ℓに対し大さじ2~3杯の酢)を入れ、2時間ほど置き、木のあく抜きをしてください。 こうすることでヤニをふせげます。(ヤニは木の油分で、水に強いサワラ材には特に多く含まれています。全くの無害ですのでご安心ください。)2. 普段のお手入れ《使用前》①全体を濡らす。(ご飯が付きにくくなります)②布巾で水分を拭き取る。(特に底周り、小口など水のたまりやすい所を念入りに)《使用後》① 他のものとは別にして置き、水を張り、20分ほど置く。(残ったご飯粒が取り

岡田製樽のおひつ(ステンレスタガ 2合) | studio482+ on the BASE

岡田製樽のおひつ・定番(銅タガ 2合) | studio482+ on the BASE

創業70年「岡田製樽」のおひつです。昔ながらの製法で樽を製造している会社です。炊き上がったごはんのおいしさを、もう一段上げてくれる「おひつ」。温かいごはんの余分な水分を吸い、ごはんが冷えたら今度は湿気をごはんに戻し、ゴワゴワにならないようにする。それがおひつの役割です。ごはんをよりおいしくするために、昔の日本人の知恵が詰まっている台所道具です。《特徴》材料である木曽さわらは天然ものを使い、塗装等は一切せず、一つ一つ職人さんが手でおひつを作っています。さわらは吸水性、速乾性、殺菌作用があり、軽いのが特徴です。まな板にもよく使われる木材です。さわらの香りはやんわりとしているので、ごはんの香りを消すことはありません。白木の美しい木目も特徴です。蓋は建具・家具製造の技法を用いて強度を強められ、また上から見ると木口が見えず、デザイン的にも優れています。《銅タガとステンレスタガの違い》岡田製樽では銅タガとステンレスタガ、2種類のおひつを製造しています。銅タガは本体と蓋の「縁」の加工はありません。ステンレスタガは薄くなめらかにしています。(画像6参照)銅タガの太さは8mm、ステンレスタガは5.5mm。サイズ、使われている木等は同じです。銅タガは昔ながらのデザイン。ステンレスタガはデザイン性を追求したものとなります。《サイズ》銅タガ、ステンレスタガ共通サイズです。「2合」「3.5合」の直径は同じ。高さが2cm前後違います。5合は直径、高さとも3cm前後大きくなります。(2合サイズは高さが低く、直径は少し大きいので、おむすびを入れるのに程よいサイズです。おひつが軽いので、おひつを風呂敷に包んで野外で楽しむこともできますね。)*** おひつのお手入れ ***1. ご購入時すぐに使われる予定がないときでも、まず荷を開け、全体を水洗いし、酢水(水1ℓに対し大さじ2~3杯の酢)を入れ、2時間ほど置き、木のあく抜きをしてください。 こうすることでヤニをふせげます。(ヤニは木の油分で、水に強いサワラ材には特に多く含まれています。全くの無害ですのでご安心ください。)2. 普段のお手入れ《使用前》①全体を濡らす。(ご飯が付きにくくなります)②布巾で水分を拭き取る。(特に底周り、小口など水のたまりやすい所を念入りに)《使用後》① 他のものとは別にして置き、水を張り、20分ほど置く。(残ったご飯粒が

岡田製樽のおひつ・定番(銅タガ 2合) | studio482+ on the BASE