山只華陶苑・加藤智也さんの「おろし皿」が初入荷



金属製おろし金を使い続けて思ったこと。

食卓にこのまま出せればいいのに...。

しかも、一般的なおろし金は、食材をすったときに汁がこぼれるから、器に移し替えなければなりません。

最近は「受け皿付おろし金」もありますけれど、これだ!というものにはまだ出会っていません。


そんなときに山只華陶苑の8代目、加藤智也さんのおろし皿を発見...。

シンプルで美しくて、ため息が出ます。



おろし皿は加藤智也さんの2代前、おじいさんの代から造っています。

戦中、金属類がすべて没収され、家庭におろし金が消えたときに、陶器製おろし皿の製作を頼まれたそう。

歴史を感じます。

おじいさんから2代目、3代目と引き継がれ、デザインも少しずつ変わっていき、現在の形となりました。


おろし皿の歯は、手でひとつひとつ突起を造っていきます。

作り方は金属のおろし歯と同じ技法なんだそうです。

あまりにも大変な手作業で、加藤さんも一度は根を上げました。

それで試しに「型」に入れる方法でやってみたところ、すった食材の味が全然違ったそうです。

加藤さんは、迷わず「型」ではなく「手」を選択しました。


手で製作しているから、線もまっすぐじゃないし、おろし歯もよい意味で揃っていない。

そこがまた胸キューンとなるところです。




こちらはアメ色(Sサイズ)。

横から見てもかわいさの中に凛とした姿を見ることができます。

こんなに小さいのに(豆皿サイズ)片口まで付いてる!




こちらは藁灰(S)。

白に見えますが「藁灰」と呼ばれる色。釉薬の配合を変えているので、すり鉢より白っぽくなります。

ところどころ、うっすら青緑色がかっていて、その微妙さがまた美しい。




サイズは2種。SとMです。

(Lサイズの販売はありません。)


Sサイズは直径8cm(外寸)。豆皿ぐらいの大きさ。

手のひらにすっぽり入ります。

生姜、にんにく1〜2個ぐらいすれるでしょうか。


Mサイズはちょうど手のひらぐらいの大きさです。

直径は12cm(外寸)。小皿ぐらいのサイズでしょうか。

生姜、にんにくだったら5、6個はすれるかな。



これは「香りダレ」。熱々の油をジュッとかけて。

今秋に出版予定の本にレシピが掲載されますのでお楽しみに。


皿がわりになるので、タレを作ってそのまま食卓へ。

ラーメンやそうめんなどの麺類に。食欲がぐんとアップします。


春夏秋冬、薬味おろしが欠かせませんから、こんな道具が台所にあるだけで、仕事がはかどり、楽しくなりますね。



加藤智也さんの「おろし皿」S | studio482+ on the BASE

山只華陶苑「おろし皿」山只華陶苑・加藤智也さん製作の「おろし皿」です。2代前の祖父の時代からこの技法を受け継いで製作しています。すり鉢と同じ多治見高田地区で取れた土を使用。金属のおろし歯と同じ技法を使い、手でひとつひとつ、丁寧に歯を作ります。時間と手間のかかる作業ですが、手で造る方が食材の味や食感がよくなるため、昔からこの方法で製作しています。皿状になっているため、生姜やニンニクをすり下ろしても汁がこぼれることがなく、そのまま食卓へ出すことができます。また片口がついているため、汁を取るのにも便利。金属のおろし金よりもマイルドになるのが特徴です。色は2種。アメ色とワラ灰。アメ色は濃い茶色。ワラ灰はすり鉢の藁灰と基本的には同じですが、釉薬の配分が違うため、より白っぽく、ところどころ薄い青緑を帯びています。*画像6,7はSサイズとMサイズ。《用途》生姜、にんにくのすりおろし。Sサイズは生姜、にんにくが1〜2かけ、Mサイズは4,5かけ、すれます。《お手入れ》洗剤で洗ってよく拭いてからしまってください。おろし皿(S)色:アメ、ワラ灰外寸(片口入り) 直径8cm内寸 直径6.8cm高さ 1.5cm重さ 60g前後*こちらの商品はすべて手作業で製作しているため、ひとつひとつ形、色、おろし歯が違います。何卒、ご考慮くださいませ。*PC環境により、実際の色と違う場合があります。ーーーーーーーーーーこちらの商品は2個までクロネコ宅急便コンパクト(600円)で発送します。それ以上、または複数の商品のご購入の場合は宅急便の扱いとなります。

加藤智也さんの「おろし皿」S | studio482+ on the BASE


加藤智也さんの「おろし皿」M | studio482+ on the BASE

山只華陶苑「おろし皿」山只華陶苑・加藤智也さん製作の「おろし皿」です。2代前の祖父の時代からこの技法を受け継いで製作しています。すり鉢と同じ多治見高田地区で取れた土を使用。金属のおろし歯と同じ技法を使い、手でひとつひとつ、丁寧に歯を作ります。時間と手間のかかる作業ですが、手で造る方が食材の味や食感がよくなるため、昔からこの方法で製作しています。皿状になっているため、生姜やニンニクをすり下ろしても汁がこぼれることがなく、そのまま食卓へ出すことができます。また片口がついているため、汁を取るのにも便利。金属のおろし金よりもマイルドになるのが特徴です。色は2種。アメ色とワラ灰。アメ色は濃い茶色。ワラ灰はすり鉢の藁灰と基本的には同じですが、釉薬の配分が違うため、より白っぽく、ところどころ薄い青緑を帯びています。*画像6,7はSサイズとMサイズ。《用途》生姜、にんにくのすりおろし。Sサイズは生姜、にんにくが1〜2かけ、Mサイズは4、5かけ、すれます。《お手入れ》洗剤で洗ってよく拭いてからしまってください。*こちらの商品はすべて手作業で製作しているため、ひとつひとつ形、色、おろし歯が違います。何卒、ご考慮くださいませ。*PC環境により、実際の色と違う場合があります。おろし皿 M色:アメと白(藁灰)外寸(片口入り) 直径12cm内寸 直径10.5cm高さ 2cm重さ 180g前後ーーーーーーーーーーこちらの商品は単品(1個)のご購入の場合、クロネコ宅急便コンパクト(600円)で発送します。

加藤智也さんの「おろし皿」M | studio482+ on the BASE